トヨタC-HR(CHR)の新車を最大106万円引きで買う方法

トヨタC-HR(CHR)の新車を最大106万円引きで買う方法

トヨタC-HR(CHR)を出来るだけ安く購入したいと思っている人には、見逃せない情報です!

 

『新車流通革命』は、TOYOTAから60台まとめて新車を購入することで、日本最安値を完全保証! 

 

現在、日本で一般人が自動車を最も安く買える方法です。(注:各種社内販売があるTOYOTA自動車の関係者は除きます)

 

『新車流通革命』は、栃木県に5店舗、東京都に1店舗を展開しているのですが、日本全国への販売納車が可能となりました。

 

対象車両は、トヨタC-HR(CHR)限定。なぜなら、トヨタC-HR(CHR)は大人気で、大量購入・大量販売が見込めるからです。

 

大量仕入れが『新車流通革命』の安さの源ですが、売れる車じゃないとこれは難しいのです。

 

トヨタの新型SUV『CH-R』を出来るだけ安く購入したいと思っている人は、ぜひご覧ください。

 

 

『新車流通革命』が選ばれる理由

日本最安値

『新車流通革命』は、トヨタC-HR(CHR)を60台まとめて購入することでメーカーから大幅値引き。

 

この値引き分を、個人への販売価格に還元させることで、日本最安値を実現しています。

 

ローン金利も最優遇

『新車流通革命』は、販売台数が多いことで提携ローン会社の金利も日本最安値水準。

 

しかも、社外パーツを取り付けたい場合、社外パーツも一緒に同じ低金利でローンが組めます。

 

金利1.7%で最長120回払いを実現しています。

 

TOYOTAディーラーでの保証が受けられる

保証やアフターメンテナンスは、近所のTOYOTAディーラーに持ち込めば大丈夫。

 

実は、ディーラーは新車販売ではまったく儲かりません。車検などの継続メンテナンスで儲けを回収しているのです。

 

『新車流通革命』で購入した車でも、トヨタのディーラーは大歓迎してくれます。

 

そもそも引っ越しした場合などを想像してみてください。

 

他社で購入した車のメンテナンスを行うことは普通にあり得ることです。

 

日本全国に販売納車が可能

『新車流通革命』では、店頭納車が困難な場合、陸送納車が可能です。

 

自動車本体の激安通販店として機能しているイメージで考えて良いです。

 

『新車流通革命』を利用する流れ


まずはメールで問い合わせてみることをおすすめします。

 

メールでやり取りする中で、『新車流通革命』が信頼できる販売店だということが分かると思います。

 

万が一、『新車流通革命』の体制に不安を感じたら、契約しなければ良いだけのことですから。

 

それでも、日本で一番車が安く買える方法ですから確認だけはしてみることをおすすめします!

 

 

↓お問い合わせフォームはこちら↓

 

6911

トヨタC-HR(CHR)とはどういう自動車?

トヨタC-HR(CHR)

 

C-HR(シーエイチアール)は、トヨタ自動車が製造、発売するコンパクトクロスオーバーSUV車です。

 

C-HR(シーエイチアール)の名前の由来ですが、コンパクトでボディがリフトアップされた格好よいプロポーションを意味する「Compact High Rider」、ハッチバックのようにキビキビ走れるクロスオーバーを表現した「Cross Hatch Run-about」、それぞれの頭文字を掛け合わせた造語です。

 

トヨタC-HR(CHR)は、横幅が1,795mmとなり3ナンバー車になりますが、1,800mm以内に収まっています。全長も4,360mmとコンパクトで、とても運転しやすいと評判です。

 

トヨタC-HR(CHR)は、内外装デザインに徹底的にこだわっていることで人気を集めています。

 

外形デザインは、「センシュアル スピード-クロス」をキーワードに、スピード感あるキャビン形状・彫刻的な面造形・「ダイヤモンド」をモチーフに強く絞り込んだボディと大きく張り出したホイールフレアの対比など、独創的なスタイルを追求しています。

 

内装インテリアは、質感・形状・色など細部にこだわり大人の感性に響く意匠を追求していて、メーターを中心とした操作パネルをドライバーに向けて配置するなど、運転に集中できるドライバーズ空間を実現しています。

 

トヨタC-HR(CHR)は、とても運転しやすく、デザインも格好良いことで、現在では納車待ちに3か月もかかる地域もあるというほどの大人気車になっています。

 

トヨタC-HR(CHR)のスペック

販売期間 2016年12月14日〜
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアクロスオーバーSUV
エンジン FF:2ZR-FXE型 1.8L 直4 98PS/14.5kgf・m4WD:8NR-FTS型 1.2L 直4 116PS/18.9kgf・m3ZR-FAE2.0L 直41.4L 直4ディーゼルターボ
駆動方式 4WD(1.2L)FF(1.8L)
モーター 1NM型 交流同期電動機(フロント・FFのみ)
変速機 CVT(4WD)電気式無段変速機(FF)
サスペンション フロント:マクファーソンストラット/コイルリア:ダブルウィッシュボーン/コイル
全長 4,360mm
全幅 1,795mm
全高 1,550〜1,565mm
ホイールベース 2,640mm
車両重量 1,440〜1,470kg

 

トヨタC-HR(CHR)の新車を最大106万円引きで買える『新車流通革命』

『新車流通革命』は、栃木県に5店舗、東京都に1店舗を展開しているのですが、日本全国への販売納車を行っています。とくに人気車種のトヨタC-HR(CHR)には注力しています。

 

『新車流通革命』は、いわば自動車の通信販売です。60台単位でまとめての大量仕入れ、大量販売によって、激安価格を実現。現在、日本で一般人が自動車を最も安く買える方法です。

 

保証やアフターサービスは、トヨタの正規ディーラーならどこでも受け入れてくれますので、購入後の不安もありません。

 

トヨタC-HR(CHR)の購入を考えているなら、一度は問い合わせてみることをおすすめします!

 

 

↓お問い合わせフォームはこちら↓

 

6911

トヨタC-HR(CHR)のグレード設定

トヨタC-HR(CHR)のグレード設定は、合計4種類です。

 

基本的に、標準グレード(S)上位グレード(G)の2種類がラインナップされていて、それぞれにハイブリッドモデル(無印)ガソリンモデル(T)の2種類があります。

 

表にするとこうなります。それぞれの標準価格も記載しておきます。

G 2,905,200円〜 上位モデルのハイブリッド車
G-T 2,775,600円〜 上位モデルのガソリン車
S 2,646,000円〜 標準モデルのハイブリッド車
S-T 2,516,400円〜 標準モデルのガソリン車

 

標準グレードの仕様(S、S-T)

標準グレードの仕様

※ファブリックシート表皮を採用した内装で対象グレードはSとS-Tです。

 

■タイヤ&ホイール

 

215/60R17タイヤに17×6 1/2Jアルミホイール
※シルバーメタリック塗装/センターオーナメント付

 

■エクステリア

 

ドアベルトモールディング(ブラック)&ドアウインドゥフレームモールディング(ブラック)
LEDサイドターンランプ付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー(補助確認装置・ヒーター付)
UVカット機能付フロントドアグリーンガラス
防眩インナーミラー

 

■インテリア

 

内装カラー:ブラック
センターコンソールアッパー加飾(ブラック)
パワーウインドゥスイッチベース加飾(ブラック)
インストルメントパネル加飾&ドアインナーガーニッシュ(金属調塗装)
運転席・助手席バニティミラー付サンバイザー(チケットホルダー付)

 

■機能面
S(ハイブリッド仕様)

 

本革巻きシフトノブ
ハイブリッド専用コンビネーション2眼メーター
左右独立温度コントロールフルオートエアコン(電動インバーターコンプレッサー付
ECB[電子制御ブレーキシステム]
車両接近通報装置
EVドライブモードスイッチ
ハイブリッドシステムインジケーター

 

S-T(ガソリン仕様)

 

本革巻きシフトノブ&7速スポーツシーケンシャルシフトマチック
コンビネーション2眼メーター
ダイナミックトルクコントロール4WD
左右独立温度コントロールフルオートエアコン

 

■ドライビングサポート

 

標準装備無し

 

上位グレードの仕様(G、G-T)

上位グレードの仕様

※本革と上級ファブリックシートを組み合わせた内装で、対象グレードはGとG-T。

 

※標準グレードと上位グレードの違いがある点を赤字で記載します。

 

■タイヤ&ホイール

 

225/50R18タイヤに18×7Jアルミホイール
※切削光輝+ブラック塗装/センターオーナメント付

 

■エクステリア

 

ドアベルトモールディング(メッキ)&ドアウインドゥフレームモールディング(ピアノブラック
LEDフロントフォグランプ
LEDサイドターンランプ付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー(補助確認装置・ヒーター・足元イルミネーションランプ付)
スーパーUVカット・IR<赤外線>カット機能付フロントドアグリーンガラス
オートワイパー(雨滴感応式)
自動防眩インナーミラー

 

■インテリア

 

内装カラー:リコリスブラウン
センターコンソールアッパー加飾(ピアノブラック
パワーウインドゥスイッチベース加飾(ブラック+ピアノブラック

 

■機能面
G(ハイブリッド仕様)

 

本革巻きシフトノブ
ハイブリッド専用コンビネーション2眼メーター
左右独立温度コントロールフルオートエアコン(電動インバーターコンプレッサー付
ECB[電子制御ブレーキシステム]
車両接近通報装置
EVドライブモードスイッチ
ハイブリッドシステムインジケーター

 

G-T(ガソリン仕様)

 

本革巻きシフトノブ&7速スポーツシーケンシャルシフトマチック
コンビネーション2眼メーター
ダイナミックトルクコントロール4WD
左右独立温度コントロールフルオートエアコン

 

■ドライビングサポート

 

ブラインドスポットモニター〈BSM〉
クリアランスソナー&バックソナー

トヨタC-HRが採用するTNGAプラットフォーム

TNGAプラットフォーム

トヨタC-HR(CHR)は、最新のTNGAプラットフォームを採用しています。TNGAとは、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(Toyota New Global Architecture)の略称で、プリウスなどにも採用されているトヨタの世界戦略に向けた新プラットフォームです。

 

車のプラットフォームとは、車を構成する基本部品の一連の組み合わせのことを指します。具体的には、フレームやサスペンション、ステアリング、パワートレインといった、車にとって必要不可欠な要素を持つ車の基礎部分のことを指します。

 

プラットフォームを共通化するメリット

自動車の開発と生産には莫大なコストがかかりますが、プラットフォームを共通化することで、開発コストの削減とともに生産コストの削減も実現できます。開発も生産も、ある程度までは共通のプラットフォームを採用する車種で共通化できるからです。

 

プラットフォームを共通化するデメリット

自動車のベースのかなりの部分を共通化するわけですから、車の個性が薄れてきてしまうというデメリットもあります。トヨタC-HRが思い切ったデザインを採用しているのも、こうした個性が薄れてしまうことへの危惧があったかもしれないですね。

 

TNGAプラットフォームの特徴

こうしたメリット・デメリットを持ちながらも、トヨタC-HR(CHR)は、TNGAプラットフォームを採用することで、高いボディ剛性と静粛性を実現しています。安全性と、運転のしやすさ、さらにはデザインの自由度を併せ持つとされ、今後も多くの車種に採用されていくと予想されます。

 

TNGAプラットフォームの特徴をトヨタでは、次のように説明しています。

・部品の共通化を進めたことで、20%以上の開発リソースを削減
・パワートレーン全体で燃費が25%以上向上
・動力性能が15%以上向上
・ハイブリッドシステムの燃費が15%以上向上
・ボディ剛性が30%〜65%向上

トヨタ C-HRが2017年のSUV販売台数ナンバーワンに

トヨタ C-HRが2017年のSUV販売台数ナンバーワンに

2018年1月11日、トヨタ自動車は、新型コンパクトSUV、トヨタC-HR(CHR)の2017年(2017年1〜12月)における販売台数が11万7,299台となり、SUV新車販売台数第1位を獲得したと発表しました。

 

トヨタC-HR(CHR)の販売台数を計算すると2017年の月間平均販売台数が、9,774台(ほぼ1万台)ですから、非常に販売好調と言えます。現在の日本で、月間販売台数が1万台を超える車種は、月にもよりますが、軽自動車も含めて多くて5〜6車種程度です。

 

SUV販売2位の、ホンダ ヴェゼルの販売台数が6万4,332台ですから、ほぼダブルスコア、2倍近い販売台数を達成したことになります。トヨタC-HR(CHR)の2017年の販売台数は、登録乗用車(3ナンバー・5ナンバー車)全体でも4番目に売れており、トヨタブランドではプリウス、アクアに続くヒット作となっています。

 

トヨタ自動車のプレスリリースを見ると、デザインと走りに徹底的にこだわり開発したことが評価されていると判断しているようです。

 

スピード感あふれるキャビン形状やダイヤモンドをモチーフに強く絞り込んだボディなど個性際立つスタイリングと同時に、TNGAによる新プラットフォームを採用した低重心パッケージなどで実現した優れた走行性能、さらにはハイブリッド車は30.2km/Lというクラストップレベルの低燃費を実現しており、幅広い年代のユーザーから好評を得ているとしています。

 

2017年8月にはツートーンカラー仕様を追加。また、2017年11月にはシーケンシャルターンランプを装備した特別仕様車を発売して、販売をさらに底上げしています。

 

(参考)トヨタ公式サイトのプレスリリース 2018年1月11日
TOYOTA、C-HRが2017年SUV新車販売台数第1位を獲得

 

 

トヨタ C-HRは東北、岩手工場で生産されています

トヨタ C-HRは東北、岩手工場で生産されています

日本国内で販売されるトヨタC-HR(CHR)は、すべて東北の岩手工場で生産されています。東日本大震災からの復興にも、トヨタC-HR(CHR)の販売拡大は貢献していると言えそうです。

 

トヨタC-HR(CHR)の販売台数は月間1万台程度で推移していますから、単純計算すると、年間では12万台程度になります。平均して200万円で卸されるとしても、年間の販売金額は2,400億円です!

 

岩手県の平成29年度予算案が9,797億円ですから、岩手県内へ与える経済効果も非常に大きいことが予想されます。(参考:岩手県ホームページ『平成29年度当初予算案について』)

 

岩手県の県内総生産は、平成26年度岩手県県民経済計算(確報)で4兆6,470億円です。もちろん他県から供給される部品も多いでしょうから、トヨタC-HR(CHR)の岩手工場の生産額全てが県内総生産にそのまま計上されるわけではありませんが、県内総生産で見ても非常に大きなウェイトを占めることは見て取れます。(参考:岩手県ホームページ『平成26年度岩手県県民経済計算(確報)』)

 

最近では熊本地震での大きな災害などが起こると、災害が収まった後にそこに旅行をすることで現地の経済をサポートすること、災害が起こった当地の商品を購入することで間接的に支援する動きが広まりを見せています。

 

トヨタC-HR(CHR)を購入することは、自分の生活を豊かで楽しくしてくれるだけでなく、東日本大震災からの復興にも役に立っていると考えると、ユーザーにとっても非常に嬉しいことなのではないかと思います。

 

 

トヨタC-HR(CHR)のユーザー投稿動画を紹介


トヨタC-HR(CHR)は、人気車種だけに、ネット上に多くのユーザー動画がアップロードされています。

 

そのなかからいくつか、参考になりそうなものをご紹介しますね。

 

トヨタC-HR 納車しました。試乗レビュー#1

 

C-HR納車。 試乗 購入レビュー #2

 

【試乗レビュー】トヨタC-HR試乗!驚異の出来栄えに驚きの一言!

 

車を買おうと思うヴェゼルとC-HRどっちがおすすめ?

 

 

↓お問い合わせフォームはこちら↓

 

6911